人気ブログランキング |

カテゴリ:football( 9 )

他人事ですが

鞠は好きじゃないんですが、
横浜対山東のACLの試合をテレビ観戦。

第三者である僕ですら、沸点に到達しそうになったので
鞠サポの怒りはものすごいだろう。

それにしても、
JリーグとしてACL対策をしないと、日本のクラブチームがなめられちゃうよ。
当該クラブの意気込みだけでは無理。
スケジュールもそうだし、ACLの重要性をもっと世に広めていくとか。
ニュースにもならないアジア最強を決める戦いってどうなの?

しかし、あのボールボーイまで含めたアウェイっぷりはなかなかのものだ。
将来、東京が中国のチームをACLで迎え撃つことがあったら、
是非小平南には頑張ってもらわなければ(笑)
by amanao16 | 2005-05-12 09:24 | football

サッカー漬け

昨日までの3連休はサッカーばかり見ていました。
他に何したの?
とつっこまれても答えに困ります。
とても がいるとは思えません。
しかも嫁、サッカー好きじゃないし。

1/8(土)
高校サッカー観戦@国立
「国見vs鹿児島実業」「星稜vs市立船橋」

星稜の応援メインで東京の観戦友達と行ってきました。
いやー、惜しかった。
でも星稜のみんな、頑張ってました。
ロスタイムの同点劇の瞬間は、
思わず2、3段下の席まで飛び出して吼えてしまいました。
あと、穴沢のロスタイムが異様に長かったことは内緒です。
国見と鹿実の試合はあまり面白く無かったです。

1/9(日)
セリエA テレビ観戦@JSPORTS
「インテルvsサンプドリア」

いやー、なにが悲しいって、
後半38分くらいに力尽きて寝てしまったので、
インテルの後半終了前6分間での
3ゴール大逆転劇を見逃したんですよね。
意味ねー、俺。

1/10(月)
スペインリーグ テレビ観戦@WOWOW
「マジョルカvsデポルティボ」
「バルセロナvsビジャレアル」
「レアルマドリードvsアトレティコマドリード」

3試合とも見ちゃいました。
えーと、
1試合目大久保おめでとう。
2試合目リケルメキレキレ。
3試合目目が離せん!!
見たいな感じです。
アトレティコの0-1ビハインドの時の怒涛のアタックは見ていて感動しました。
フェルナンド・トーレスはいい選手ですねー。
2点目取られた後、アトレティコの集中力が切れたのは残念でした。
でもとても面白い試合でした。

3日間の総括。
奥さんに愛想つかされないように気をつけたいと思います。
by amanao16 | 2005-01-11 23:23 | football

ちょっと素敵な話

高校サッカーで星稜が勝ち進んでいます。
石川県勢初のベスト4進出。夢の国立に辿り着きました。
もともと準決勝は見に行くつもりだったのですが、地元のチームがでてくるとは・・・。
嬉しい誤算になりました。相手は市船みたいですが、
増嶋にはちょっとがっかりしてもらおうかな。
頑張ってほしいものです。

で、タイトルにあるちょっと素敵な話。
あるサッカー雑誌に載っていた話なんですが、
スペインの1部リーグに所属するベティス
両サイドアタッカー(スペイン代表ホアキン、元ブラジル代表デニウソン)が
右から左からえぐりまくる、僕もお気に入りのクラブです。
ベティスはホアキンを今年の冬のマーケットが開くのを待って、
プレミアリーグのチェルシーに売却するのがほぼ決まっていました。
しかし前代未聞の出来事で移籍がオシャカになったのです。

ホアキンのベティス最後のゲーム(となるはずだった)16節のセビージャ戦。
アンダルシアダービー、セビージャダービーと呼ばれる、スペイン屈指のダービーです。
この試合に緑と白の第1ユニフォームで臨んだベティスでしたが、
色を混同しやすいというレフェリーの主張があって、
オール緑の第2ユニフォームに交換するというトラブルに見舞われました。
これに怒ったのがベティスのロペラ会長。
「緑と白のユニフォームでもう一度セビージャと戦うまでホアキンは放出しない!!」と宣言、移籍話が流れてしまいました。

移籍先があのチェルシーですから、かなり巨額の移籍金が手に入ったはず。
この先も移籍のチャンスはあるかもしれませんが、ホアキンが怪我でもしたらわかりません。
ビジネス的に考えると馬鹿げてるとしか考えられないこの行動ですが、
とても人間くさくて、子供じみていて、
それでいて強烈なクラブへの愛着と誇り
が感じられます。

こんな人が会長をしているせいか、ベティスの成績は安定しません。
でも、そんなチームをサポーターは一生応援し続けるんだと思います。
個性的な会長と好不調の激しいチームを。

・・・・・ちょっとだけ東京に似てませんか?
個性的な監督といまいち勝ちきれないチーム(笑)
by amanao16 | 2005-01-06 00:52 | football

高校サッカー

東京ネタがない・・・。
なんか、新加入選手情報とかあってもいいんじゃないすかねえ。
去年の今野、ルーカスみたいなワクワクするような発表が欲しい。

ルーカスなんて、
名前がルーカス・セベリーノですよ。
僕のそれまでのルーカスといえば、ジョージ・ルーカスしかいなかったので、
あんな笑顔の素敵な奴がくるとは思わなかった(笑)
ほんと、新外国人どんな選手なんですかね~。

ということで、高校サッカーの話題でも。
僕の田舎は石川県でして、今年の冬の選手権の代表は星稜高校
ヤンキース松井を輩出した高校です。
野球は勿論全国レベルでして、サッカーに関しても最近はかなり強くなってきています。

そんな星稜高校の注目選手はこの人!!(高校サッカー選手権公式サイトより転用)
高校サッカー_c0012782_19232572.gif

石川・星稜3年
本田圭佑(MF) KEISUKE HONDA

今大会ナンバーワンのレフティーだと言われている。現チームでは自在にラストパスを繰り出すことが最も大きな任務である。だがただの司令塔では収まりきれない才能の奥行きを持っている。昨年は左のサイドバックとして精度の高いクロスを供給していた。さらにその前年はセカンドストライカーとして数々の貴重なゴールを挙げていた。前線から後方までの「左」のポジションならどこでもプレーできるユーティリティープレーヤーが本当の姿なのかもしれない。中学卒業時は体の線が細く、所属していたガンバ大阪のユースチームに昇格できなかった。プロ入りを目指して雪国で技を磨き身長も7cm伸びた結果、「名古屋グランパス」の入団内定を取り付けた。あとは選手権に専念するだけ。チームの悲願であるベスト4以上の成績を手土産にプロの門を叩きたい。

ですって。

いやー、期待大だな~。
サッカー不毛の地からこんな今大会ナンバーワンのレフティーなんか出ちゃうなんてな~。
ガンバユース出身とか、名古屋入団内定とかいうのも打ち消し線ひいといたからOKだしな。
大活躍したうえ、気が変わって東京にこないかな~。


・・・すいません、G大阪、名古屋のみなさん、あと本田君。
がんばってね。
by amanao16 | 2004-12-27 19:34 | football

エウデル・ポスティガ

さっきまでWOWOWで再放送していた、
EURO2004 準々決勝 ポルトガルvsイングランド。

この試合は6月に行われた試合でして、
早起きをして、眠い目をこすりながら生で見たんですが、
面白すぎて、眠気も吹っ飛んだ試合でした。

いやー、何度見ても今年のAマッチのベストバウトだな。
何といってもポルトガルのリスクを恐れない攻撃が素晴らしいです。
後半79分以降のメンバーなんて、

FW登録:ポスティガ、ヌーノ・ゴメス、シモン、クリスティアーノ・ロナウド
攻撃的MF:ルイ・コスタ、デコ
守備的MF:マニシェ
DF:ヌノ・バレンテ、リカルド・カルバーリョ、ジョルジュ・アンドラーデ
GK:リカルド

ですよ。
右サイドバックのミゲルに変えてルイ・コスタを入れたので変則的な3バックだし、
シモンを入れるときにダブルボランチを1枚変えたんですが、
どちらかというと攻撃的なマニシェを残したり、

まさに、超攻撃的サッカー。

この試合後、磐田の監督をやっていたことはさておいて監督のフェリペを大好きになりましたっけ。
選手交代の妙というものをまざまざと見せ付けられたという感じでした。

ギリシャとの決勝では負けてしまうのですが、
前半早めで負傷でミゲルが交代しており、
この予想外のアクシデントが
積極的な交代策で流れを引き寄せるポルトガルの勢いを削いでしまった感がありました。

そして、エウデル・ポスティガ
交代直後に同点ゴールを叩き込んだ選手なんですが、
それよりも
PK戦ではずしたら負けという局面で出てきて、

キーパーをあざ笑うかのようなチップキック!!

すごい心臓してますよ。
今はFCポルトにいるので注目して見てくださいね。
by amanao16 | 2004-12-25 20:59 | football

チェルシーvsノーリッジ

順序が逆になりましたが、
浦和戦の前日、JSPORTSでチェルシーvsノーリッジを観ました。

えーと、チェルシー強すぎ(ノーリッジ弱すぎも含む)でした。

ランパードのダイナミックな攻撃への関与。
マケレレのスペースを埋める動き、ディレイと飛び込むところの判断力。
テリーとカルバーリョの強固なディフェンス。
パウロ・フェレイラの無尽蔵なアップダウン。
右サイドでも切れまくりのダフ。

そして、ロッベン。
いやー、3点目はすごすぎました。
キーパーのほぼど真ん中に飛んだのに、速すぎて反応できてませんでした。
それまでのパス交換のイマジネーションも素晴しいです。

唯一気になるのはロッベンが

20歳に見えないこと

くらいでしょうか。
老けすぎだろ、あいつ。
by amanao16 | 2004-12-20 23:02 | football

行かなくてよかった。

タイトルにも書いたけど、本当に

行かなくてよかった。日本対ドイツ。

ドイツがスペイン、オランダ、フランスあたりと試合をした場合、
足元の技術の差がはっきり出てくるなと思っていましたが、

そんなドイツに技術の差を見せ付けられてしまいました

パススピード、視野の広さ、攻撃の組み立てなどすべてドイツが数段上。
バラックがバイエルンで格下のチームとやるときのような余裕のプレーをしていたのからも、
決定機の数などでは測れない、かなりのレベル差があったのではと思います。

それにしても今日の小笠原の判断の遅さはいったい・・・。
あんな選手でしたかね。
ダイジェストのコラムにも書いてあったけど、海外に出て刺激を受けないとヤバイ気がします。

最後に一言。

ドイツ人でかすぎ。
by amanao16 | 2004-12-17 00:29 | football

今日のドイツ戦

なんだよ、テレ朝かー。

また角澤の実況か・・・。
へこむな。

同僚がチケット余ってるって言ってるけど、
横酷だし、カテ5だし・・・。
ちょっと、バラックは見てみたい気もしますが。
テレビ観戦でいいかなー。
by amanao16 | 2004-12-16 09:23 | football

バロンドール

バロンドールにウクライナのシェフチェンコが選ばれましたね。

今年1年の欧州最優秀選手となると、
EUROに出場していないシェフチェンコが
選ばれるのはどうも・・・。

個人的にはデコがふさわしいかなと。
ロナウジーニョなどと比べると派手さはありませんが、
「普通のタイミングと違うパス、シュート」に優れた選手だと思います。

11月のウクライナの大統領選挙のゴタゴタを踏まえると
シェフチェンコの選出に少しだけ政治的なものを感じるなあ。
by amanao16 | 2004-12-14 23:43 | football